ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > スーファミソフト > ハイパーゾーン…2Dじゃない3Dシューティングは「奥シュー」この感覚の源は?

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ハイパーゾーン…2Dじゃない3Dシューティングは「奥シュー」この感覚の源は?

スーファミソフト 2011.03.01 Tue

■タイトル:ハイパーゾーン [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:はいぱーぞーん
■英字表記:Hyper Zone [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:HAL研究所 [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-HZ ■定価:8,500円
■発売日:1991/08/31(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:HYPERZONE ハイパー・ゾーン 擬似3D 擬似三次元ゲーム 奥スルロール 奥シュー

遊び方・特徴
F1ゲーム、カーレースゲームのような視点で展開する「奥スクロールシューティング」
障害物や敵をレーザー砲で粉砕するとポイントになる
ポイントを稼ぎながら一定ポイントまで到達するとボスが現れ、倒すと次のレベルに挑戦できる
8レベルまである
すべてクリアしてエンディングの最後「HALKEN」のところでSTARTボタンを押すと、1周目のクリアしたところからゲームを再開できる(2周目)

星のカービィ石川淳が音楽を担当した

擬似3Dといわれるが、最新鋭のゲーム機と比べても遜色ないように思えるほど凄い
ぜひ掲載の動画を見てほしい
F-ZEROのパクリといわれることもあるが、ゲームバランス、感覚的なすばらしさから、誰に何を言われようとも支持するファンもいる
そもそもF-ZEROはレースゲームだが、こちらはシューティングゲームだ
共通点は「エアカー」的なところか
個人的に、このゲームの源は、映画スターウォーズ(初代)のラストシーンにあるのではないかと密かに思うのであった
その「感覚」をチラツキもなく、さらに上の次元を具現化できているのは凄いと思う
このゲームが発売されたのは1991年8月なので、もうすぐで20年前ということになる…
あの頃、今から20年後には、このゲームの世界が具現化しているかもしれないなんて思ったとか思わないとか
「SF」感は、今のゲームよりむしろこの頃のゲームの方が持っているかもしれない

参考(操作方法・説明書資料):
ゲームplay動画&攻略サイト
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

レビュー・思い出・コメント

name
comment
comment form
レビュー・思い出・コメントはこちらから (ご投稿をお待ちしております)

(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。