ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > ファミコン統計情報 > ファミコンメーカー(販売元)統計とリンク

 

ファミコンメーカー(販売元)統計とリンク

ファミコン統計情報 2010.07.23 Fri

ファミコンメーカー(販売元)毎ファミコンソフトタイトル数の比率をグラフにしました。

・以下のデータは出荷本数でなく、ソフトのタイトル数です

・データおよびジャンル分けの基準はファミコンゲーム情報AtoZの掲載記事に基づいています(目安と考えてください)

・ここで扱っている「メーカー」は、実際にソフトを開発した会社というよりも、販売元の会社だとお考えください。

・表示順はタイトル本数の多い純で、タイトルの本数が同じときはおおよそのタイトルの漢字コード順の並びになっています。(ほぼ五十音順)

ファミコンメーカー別ファミコンソフト数円グラフ

以下、上記円グラフの元になったデータです。

補足説明:
メーカー名をクリックするとそのメーカーで出しているソフトの一覧を開きます。
  ↓
一覧からソフトを選んでクリックすると選んだソフトの記事を読むことができます。
  ↓
メーカーのホームページを見たい場合は、上記要領で開いた任意のソフトの記事の[メーカーサイト]という文字をクリックしてください。

No メーカー タイトル数 比率
1任天堂927.30%
2ナムコ907.14%
3コナミ826.51%
4バンダイ695.48%
5ジャレコ574.52%
6タイトー564.44%
7サンソフト423.33%
8カプコン393.09%
9ハドソン372.93%
10ポニーキャニオン362.85%
11アイレム342.70%
12データイースト292.30%
13アスキー241.90%
14スクウェア211.66%
15ケムコ201.58%
16テクモ201.58%
17ヘクト191.50%
18HAL研究所181.42%
19ココナッツジャパン181.42%
20徳間書店171.35%
21テクノスジャパン161.27%
22東映動画151.19%
23光栄141.11%
24ビクター音楽産業131.03%
25日本物産120.95%
26ケイアミューズメントリース110.87%
27タカラ110.87%
28パックインビデオ110.87%
29ホットビィ110.87%
30アスミック100.79%
31ビック東海100.79%
32SNK90.71%
33アテナ90.71%
34エピックソニー90.71%
35キャラクターソフト90.71%
36ソフエル90.71%
37トンキンハウス90.71%
38バップ90.71%
39バンプレスト90.71%
40ユタカ90.71%
41東芝EMI90.71%
42カルチャーブレーン80.63%
43ナツメ80.63%
44BPS70.55%
45アイジーエス70.55%
46イマジニア70.55%
47エニックス70.55%
48エンジェル70.55%
49セタ70.55%
50ソフトプロ70.55%
51トーワチキ70.55%
52バリエ70.55%
53東京書籍70.55%
54サミー工業60.47%
55デービーソフト60.47%
56東宝60.47%
57CBSソニー50.39%
58エポック社50.39%
59シグマ商事50.39%
60トミー50.39%
61ユース50.39%
62ヨネザワ50.39%
63アルトロン40.31%
64ビスコ40.31%
65アイマックス30.23%
66アトラス30.23%
67キングレコード30.23%
68パック・イン・ビデオ30.23%
69ボースティック30.23%
70学習研究社30.23%
71九娯貿易30.23%
72A-WAVE20.15%
73クエスト20.15%
74コトブキシステム20.15%
75スコーピオンソフト20.15%
76ティーエスエス20.15%
77ハイスコアメディアワーク20.15%
78ヒロ20.15%
79フジテレビ20.15%
80ボーステック20.15%
81ロイヤル工業20.15%
82河田20.15%
83日本コンピュータシステム20.15%
84M&M10.07%
85NHK/コナミ/東京書籍10.07%
86アスク講談社10.07%
87イーストキューブ10.07%
88インダクショウンプロディース10.07%
89エレクトロニックアーツ・ビクター10.07%
90サンリツ電気10.07%
91ジーオーワン10.07%
92タケル10.07%
93ドッグ10.07%
94ナグザット10.07%
95ビーアイ10.07%
96ピクセル10.07%
97ヒューマン10.07%
98フェイス10.07%
99ブリヂストン10.07%
100メルダック10.07%
101ユーピーエル10.07%
102リコーエレメックス10.07%
103科研10.07%
104国税庁/ボーステック10.07%
105新日本証券10.07%
106青木書店10.07%
107東亜プラン10.07%
108日本中央競馬会10.07%
109日本放送10.07%
110野村證券10.07%
111メーカー不明10.07%

コメント:
任天堂がもっと突出しているのかと思ってました。
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

レビュー・思い出・コメント

name
comment
ATOZ管理人 : URL 「メーカー不明」のリンク検索結果の修正しました&FC2記事検索機能の根本問題

#GHg3LCAM Edit  2013.07.21 Sun 10:45

「メーカー不明」のリンクをクリックとたところ、そうでないメーカーの記事も対象に表示されてしまいました。
該当は1本だけだったので、リンクを変えてダイレクトに開くようにしました。
そもそも調べると、ファミコンソフトの各記事にある[抽出]リンクでも同じことで、
クリックすると「メーカー:メーカー不明」という語句を含むページを開く
という具合にしているのに、「メーカー」「不明」両方の語句を含むものがヒットしているようです。
ここでは、FC2記事検索機能を利用していて、
前に動作検証をしたときは問題なかったですが、FC2の検索システムの仕様が変わってしまったようです。
いざとなったら、各ページのサイドバー - Google検索で「メーカー:~メーカー名~」の具合で検索するようにしてください。(メーカー名だけでなく、その他も同様です。)

全ページ「FC2検索」を辞めて「Google検索」に直したいところろですが修正対象が膨大なので、しばらくこのまま様子を見ます。
FC2が「改悪」を辞めて、元に戻してくれることを願います…。

<関連事項>
FC2記事検索でページを表示すると、記事毎(各記事の末尾)に「スポンサーサーチ広告」が大量に表示されることが分かりました。
広告が出るとき、出ないときがあり、調べたらこれが原因でした。
昔はこんなじゃなかったはず。
結局、月500円支払う有料契約に誘導する意図もあるのでしょう。
FC2のがめつさ、改悪の傾向を考えると、これからブログを始める人にはお奨めしませんね。
これからも、どんな改悪があることやら…
繰り返しますが、FC2さんには「改悪」を改めて元に戻してくれることを願います。

comment form
レビュー・思い出・コメントはこちらから (ご投稿をお待ちしております)

(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可