ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > 2011年01月15日

 

ドラッケン…スーファミ初のロープレはケムコ味の洋ゲー/3Dがガチで凄い

■タイトル:ドラッケン [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:どらっけん
■英字表記:Drakkhen [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:ロールプレイングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:ケムコ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-DK ■定価:8,500円
■発売日:1991/05/24(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:パソコンゲームからの移植 3Dロールプレイングゲーム スーファミ初のロープレ 洋ゲー CGがすごい

遊び方・特徴:
ドラゴンが滅びるとき新世界が誕生して人間は滅ぶ
そんな伝説(神の忠告)があったのだが人間はドラゴンを絶滅してしまった
それにより神はドラゴン人間「ドラッケン」を作り、人間を絶滅しようとした
しかし神は人間にチャンスを与えた
ドラッケンがいるドラッケン島にある「8つの涙」を探し出し手に入れることができたら滅ぼさないという約束をしたのだった
そしてゲームは始まる

操作方法:
Aボタン…決定
Bボタン…取消し
Lボタン…地上でのキャラクターの出し入れ
Rボタン…Lボタン同様(逆操作)
Xボタン…青ランプと赤ランプの切り替え
Yボタン…動かしたいキャラクターの切り替え
SELECTボタン…マップ表示

参考(操作方法・説明書資料):
ドラッケン攻略

元々はフランスのInfogrames社(インフォグラム・エンターテインメント社)という会社が開発した
擬似ロールプレイングゲーム
最初にAmiga(アミーガ…コモドールのパソコン)で発売されて、後にAtariST(アタリのパソコン) 、PC/AT互換機(IBMベースのパソコン)、PC-9800シリーズ(NECのパソコン)、X68000、FM TOWNS(富士通のパソコン)、スーパーファミコンへと移植された
スーファミへの移植はコトブキシステムが行った
元々はパソコンゲームだったものなのでスーファミ移植に当たっては大幅な変更が加えられた
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
スポンサーサイト