ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > 2011年01月

 

シムシティー…マック生まれの街づくりシミュレーションゲーム

■タイトル:シムシティー [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:しむしてぃー
■英字表記:Sim City [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シミュレーションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:任天堂 [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-SC ■定価:8,000円
■発売日:1991/04/26(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:シムシティ シムシテー シムシテイ SIMMCITY SIMCITY シムシチー パソコンゲームからの移植 Macintoshからの移植

遊び方・特徴:
1988年にアメリカでMacintosh用ゲームとして発売されて大ブレイクしたゲーム
簡単に言うと、街づくりのシミュレーションゲーム
シムシティーの「シム」はシミュレーションのシム
(シミュレーションのことを誤って「シュミレーション」と思っていた人は、この機会に訂正しておこう)
シミュレーション=Simulation
元々は特定のエンディングもなく、自由に町を作るというゲームだったが、スーファミ移植にあたって、人口の多さを競うという目的が明確に提示された
「50万都市をめざそう」が基本で、やり方によっては200万都市も可能らしい

操作方法:
Yボタン…決定
Bボタン…マップ移動
十字キー…カーソル移動

参考(操作方法・説明書資料):
Wikipedia

攻略サイト:SFC版シムシティー攻略

はじめてMacでやらせてもらったときの衝撃がすごかった
スーファミでもできるようになって複雑な気分に
この頃のシムシティーは1MBに納まるサイズだったということでビックリ
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
スポンサーサイト



 
 

スーパープロフェッショナルベースボール…スーファミ発の野球ゲームはファミコン燃えプロシリーズから

■タイトル:スーパープロフェッショナルベースボール [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:すーぱーぷろふぇっしょなるべーすぼーる
■英字表記:Super Professional Base Ball [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:スポーツゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:ジャレコ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-SP ■定価:8,700円
■発売日:1991/05/17(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:野球ゲーム 燃えろプロ野球シリーズ スーファミ版1号 スーパープロベー

遊び方・特徴:
スーファミ初の野球ゲーム
内容は基本的にファミコン「燃えプロ'90感動編」と同じ
(ただし球場が東京ドーム風の球場1種類のみ)

操作方法:
ゲームの操作方法はファミコン「燃えプロ'90感動編」についての説明書を参考にすると良い
→ げーむのせつめいしょ
     ↓

参考(操作方法・説明書資料):
げーむのせつめいしょ(ファミコン版 燃えプロ'90感動編)

所感:
メジャーリーグに行く前の近鉄野茂英雄(のもひでお)の
トルネード投法の勇姿が時代の象徴か
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ドラッケン…スーファミ初のロープレはケムコ味の洋ゲー/3Dがガチで凄い

■タイトル:ドラッケン [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:どらっけん
■英字表記:Drakkhen [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:ロールプレイングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:ケムコ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-DK ■定価:8,500円
■発売日:1991/05/24(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:パソコンゲームからの移植 3Dロールプレイングゲーム スーファミ初のロープレ 洋ゲー CGがすごい

遊び方・特徴:
ドラゴンが滅びるとき新世界が誕生して人間は滅ぶ
そんな伝説(神の忠告)があったのだが人間はドラゴンを絶滅してしまった
それにより神はドラゴン人間「ドラッケン」を作り、人間を絶滅しようとした
しかし神は人間にチャンスを与えた
ドラッケンがいるドラッケン島にある「8つの涙」を探し出し手に入れることができたら滅ぼさないという約束をしたのだった
そしてゲームは始まる

操作方法:
Aボタン…決定
Bボタン…取消し
Lボタン…地上でのキャラクターの出し入れ
Rボタン…Lボタン同様(逆操作)
Xボタン…青ランプと赤ランプの切り替え
Yボタン…動かしたいキャラクターの切り替え
SELECTボタン…マップ表示

参考(操作方法・説明書資料):
ドラッケン攻略

元々はフランスのInfogrames社(インフォグラム・エンターテインメント社)という会社が開発した
擬似ロールプレイングゲーム
最初にAmiga(アミーガ…コモドールのパソコン)で発売されて、後にAtariST(アタリのパソコン) 、PC/AT互換機(IBMベースのパソコン)、PC-9800シリーズ(NECのパソコン)、X68000、FM TOWNS(富士通のパソコン)、スーパーファミコンへと移植された
スーファミへの移植はコトブキシステムが行った
元々はパソコンゲームだったものなのでスーファミ移植に当たっては大幅な変更が加えられた
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ガデュリン…スーファミ発の国産RPG

■タイトル:ガデュリン [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:がでゅりん
■英字表記:Gdleen [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:ロールプレイングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:セタ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-GD ■定価:8,800円
■発売日:1991/05/28(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:原作小説もの スーファミ最初の国産RPG パソコンゲーム(PC88シリーズ)…「ディガンの魔石」から続くシリーズ

オープニングの曲が神曲
その後のBGMも良い
オカリナのような音色が美しい
雰囲気がある
だがしかしレベルアップの音があれっ? てな感じ

FF4の2ヶ月前に発売された
言葉の表示がカタカナとひらがなで、漢字が使われていない
この時代はまだ漢字が使われていないのが多かった
(その後のFF4から漢字ベースになっていく)

このゲームのストーリーは下記攻略サイトを参照!

参考(操作方法・説明書資料):
「ガデュリン」攻略うぅぅっ!
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

イース3・ワンダラーズ・フロム・イース…スーファミ版のイースはアクション強化の3から

■タイトル:イース3・ワンダラーズ・フロム・イース [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:いーす3 わんだらーず ふろむ いーす
■英字表記:YsIII Wanderers From Ys [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:アクションロールプレイングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:トンキンハウス [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-YS ■定価:8,800円
■発売日:1991/06/21(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:ワンダラーズフロムイース イースIII イース3 イースⅢ イースシリーズ 続編 第3弾 第3弾 第三弾 イースIII イース3 イースⅢ イース シリーズ 続編 第3弾 第3弾 第三弾 パソコンゲームからの移植 YS3

横方向アクションRPG
オリジナル正式販売タイトルは「WANDERERS FROM Ys」(ワンダラーズフロムイース)で、「イースIII」は元々は通称だった
元々「外伝」扱いで、ひっそりと「イースIII」と書かれていたものだった。
スーファミ版の後、パソコンゲームなどに移植されているが、それらは堂々と主題が「イースIII」と書かれている
(スーファミ版の元はX68000(シャープのパソコン)が元で、そこからの移植だった)
『この作品をイースといってはいけない』という人もいる

・設定はファミコン版「イース2」の3年後の話
・従来、斜め上からの見下ろし視点だったのだが、真横からの視点に変わった
・(真横視線になったことで)アクション要素が増えてハードになった
・どこでもセーブできるようになった
・メーカーは違うけど、ファミコン版のイース3もあるぞ!

操作方法:
Aボタン…ジャンプ
Bボタン…剣攻撃
十字キー上…宝箱や扉を開ける
十字キー下…伏せる動きをする
十字キーその他…移動
(階段昇降は、斜め上や斜め下)

参考(操作方法・説明書資料):
Wikipedia

アクションが中心になってしまったことで、大人気だったYs1Ys2を知っている人からは賛否両論
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

スーパースタジアム…君はSETAの野球ゲームを知っているか?

■タイトル:スーパースタジアム [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:すーぱーすたじあむ
■英字表記:Super Sutadium [動画][画像][Y][ニ]

残念ながら
このソフトの動画は
ありませんでした。
m(_ _)m

■ジャンル:スポーツゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:セタ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-SS ■定価:8,800円
■発売日:1991/07/02(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:野球ゲーム SETA セタ Super Sutadium Super Sutudium Super Sutadiam スーパーステゥディアム スーパースタジアム

なんと情報薄!!
前代未聞 ここまで情報が少ないゲームがあるだろうか

スーパースタジアムで検索すると、パチンコのものが出てくる
特に動画では、なおさらで、
スーファミの野球ゲームとしてのスーパースタジアムは見つからない
スーパーマリオスタジアムという野球ゲームが出てくるが、決してこれではない

このゲームのメーカーは「SETA」…セタ
調べてみると残念ながら現時点にて既に存在していない

Wikipediaで企業「セタ」を検索してみると
株式会社セタ(Seta Corporation)とは、2008年まで存在した日本の企業。 パチンコ機周辺機器・情報機器・ゲームソフトなどの開発・販売を行っていた。
とあり、製造していたソフトの一覧に「スーパースタジアム」が含まれている。
家庭用ゲーム機だけでなく、パチンコの製造も行っていたが、2008年に倒産してしまったらしい。

参考(操作方法・説明書資料):
懐ゲーデータベース
「説明サイト」として上記サイトを紹介しているが
開いてみると説明はないのでご了承 m(_ _)m
画像が2枚張られていて、これだけでも貴重…

また、カセットと箱の画像が下記販売サイトのページにてありました
ファミコン倶楽部(スーパースタジアム)
2011/01/24時点において
箱、説明書付きで850円 というのがあった
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

機動戦士ガンダムF91・フォーミュラー戦記0122…F91の前のF90からの外伝的オリジナルストーリーを持つリアルタイムストラテジーゲーム

■タイトル:機動戦士ガンダムF91・フォーミュラー戦記0122 [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:きどうせんし がんだむ えふきゅうじゅういち ふぉーみゅらーせんき ぜろいちにに
■英字表記:Mobile Suite Gundam F91 Fumula a record of a war 0122 [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シミュレーションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:バンダイ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-GP ■定価:9,500円
■発売日:1991/07/06(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:機動戦士ガンダムF90 リアルタイムストラテジー リアルタイムシミュレーションゲーム ガンダムF91 外伝的ゲーム

遊び方・特徴:
マップがあってバトルがある…ということからファミコンからお馴染みのSDガンダムガチャポンシリーズの系統なのだろうか?と思いきや少し異なっている

ガチャポンシリーズでは、バトルの部分がアクションのものと、一般的なRPG的なものとの2タイプあるが、このゲームは「リアルタイムストラテジー」というタイプで、この後に登場するスーファミの「幽遊白書」(初代)のようなリアルタイムのコマンドバトルにて展開が進み
コマンドの入力、結果により、自然にアニメーションが進行する
このゲームでは敵に対してF91の大技「ヴェスバー」(VSBR)がクリティカルヒットすると敵が真っ二つになって爆発するアニメーションがあり、このときに最大の快感を得ることができる
リアルさを重視しており、SDでなく等身大で、また、BGMにかなり力が入っている オープニングもすごい
それから残念ながら(?)2プレイには対応していない
以上から、ガチャポン系との違いが分かるだろう
(いずれSFC版のガチャポンシリーズ「SDガンダムX」が登場するが、そちらではファーストガンダムからF91までに登場する機体が選べるようになっている)

全体的にストーリーを持っており、映画として上映されたガンダムF91(逆襲のシャアの30年後というストーリー)に沿ったものかと思いきやそうではなく、F91のちょっと前の時代の話(=フォーミュラー戦記0122)ということ

映画F91本編での主人公シーブック・アノーは登場せず、ベルフ・スクレッド
が主役となっている
最初に操縦できるモビルスーツも、F91は選択肢になく、その前身となるF90シリーズしか使えないようになっている
展開が進行するとF91が開発され、使えるようになるのだが、それまでのF90での活躍ぶりによって、F91の出来も違ってくるようになっている

この作品は、オリジナルストーリーを持つが、ガンダム系ゲームで、オリジナルストーリーを持っているものとしてはガンダム初とのことで、

・メカニックデザイン大河原邦男
・BGM富樫則彦
・キャラクターデザインの川元利浩
(機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY、機動戦士ガンダム第08MS小隊を担当した人)

と、気合の入った顔ぶれによって手がけられている
まだ見ぬオリジナルストーリーを楽しみながら、ゲームを展開していく楽しみがある

操作方法:
操作はシステムをきちんと理解する必要があり、下記攻略サイトがオススメです
ネタバレが一切嫌な人はステージ毎のところからは読まなければOK!

参考(操作方法・説明書資料):
機動戦士ガンダムF91フォーミュラー戦記0122のてきとうな攻略

追伸:
バトルは団体戦で、自分の味方(ジェガンたち)も各自戦っているが、弱く、自分以外の仲間が全滅したときもゲームオーバーとなってしまう
そのため、1人で敵を全滅させる気合で挑まなければならないのであった
(F91の世界ではジェガンが昔の大型洗剤のごとくクソカスのヤラレメカとして扱われるのが特徴…)
でも、雰囲気があるゲームなのでその気になれるではないだろうか

オマケ:
SFC版ガンダムF91テレビCM動画
ナレーションはシャア役の池田秀一?
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★