ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > Tag > ギャラクシアン

 

マイクロソフト リターンオブアーケード - Windowsパソコンでナムコの名作ゲームができる(ギャラクシアン、パックマン、ディグダグ、ポールポジション)

1996年頃に販売されたWindows95用のソフト「リターンオブアーケード」(マイクロソフト社製)
パックマンギャラクシアンディグダグ、ポールポジションの4種のゲームがセットになったもの。
ナムコのゲームなのにマイクロソフトからの販売でした。
販売メディアは3.5インチFD(フロッピィーディスク)。枚数はハッキリ覚えていないですが5枚くらいだったように思います。

価格は8千円くらいだったと思います。
ファミコン、ナムコの定番ソフトがパソコンでできるということに魅力を感じて買いました。

当時使っていたWindows95のノートで、動くには動いたものの、ときおりカクカクしたように思います。
とくに気になったのがギャラクシアンです。(これがお目当てだったのに)

その後、Windows98のパソコンを買ったときもインストールしてみて、それでもスムーズとはいえなかったです。
その後、WindowsXPのノート。それでも同様。
そして、WindowsVistaで、CPUはAMDクアッドコア、メモリーは4GB、地デジ録画モデルでかなりパワーのあるパソコンを買いました。これならばと思い、試してみたものの、それでもときおりカクカクします。
こんなに高い機械なのに、ファミコンにかなわんのか!と思いつつも、気にしないで割り切るようにしました。

パソコンでファミコンのソフトを遊べる もうひとつの方法として、ファミコンエミュレーターを使うという方法を知ったのは自分では随分後になってからでした。
初めてやって、リターンオブアーケードよりはるかに安定していると感じました。
カクカクしない。

それにしても、媒体の3.5インチFD、本当に見なくなりましたね。
ノートはもちろん、うちのタワー型パソコンにも付いてません。
ちなみに自分の場合は、リターンオブアーケードのインストールディスクの中身をハードディスクにコピーしていて、インストールする機種を変更するときにはいつもハードディスクからやってます。
引越しや大掃除のときにリターンオブアーケードのFDをたまに見かけますが、懐かしく思います。

先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
スポンサーサイト
 
 

ゲームセンターあらし


日本のテレビゲームの歴史を語る上では欠かせないマンガ、それが「ゲームセンターあらし」
テレビアニメ化もされましたが、自分はコロコロコミック創刊号(No1)から読んで育ち、かなりファンでした。

第1話は読み切りでブロック崩しだったと思います。
順番は正確に覚えてませんが、その後、ギャラクシーウォーズインベーダーゲーム(スペースインベーダー)ギャラクシアンパックマンミサイルコマンド平安京エイリアンなどのゲームが取り上げられ、やったことがないテレビゲームに対して憧れを抱くようになりました。
ゲームセンターあらし必殺技 ←注目
炎のコマ 月面宙返り(ムーンサルト) エレクトリックサンダー 真空ハリケーン撃ち グレートタイフーン スーパーノヴァ スーパーノヴァトリニティ 水魚のポーズ
この必殺技、残念ながらファミコンの操作にはあまり使えないと思います。根性だけでなく、体操選手並の柔軟性とジャンプ力が必要。ゲーセン向き(ゲーセンでもできるか)
激しい必殺技はファミコンには向いていないかも。(カセットと本体の接触の問題でゲームがリセットされてしまうから)水魚のポーズだけは可能かも。

この頃、まだファミコンというものがなく、家でギャラクシアンやパックマンができるようになるとは想像もできなかったので、ゲーセンのゲームが家にあったらというのは「夢」でした。
ゲーセンのゲーム機を買ったら、お金のフタを開けておけば何度でもプレイできるななんてことを下校中、真剣に考えていたことを鮮明に覚えています(笑)

先頭ページ(はじめに)に戻る | 次の記事へ
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ギャラクシアン

■タイトル:ギャラクシアン [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:ぎゃらくしあん
■英字表記:Galaxian [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:ナムコ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:ファミコン(Famicom・FC・NES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:NGX-4500 ■定価:4,500円
■発売日:1984/09/07(昭和59年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:ナムコ初のシューティングゲーム アーケードゲームからの移植

スペースインベーダーゲームのブームが一段落した頃に打倒インベーダーとして開発されたアーケードゲーム「ギャラクシアン」

弾を撃ちながら降下してくる敵エイリアンをビームで打ち落とす
ビームは空中に1発しか存在できない(これはインベーターにもあるルール)
ビームが敵に当たるか、外れて画面から消えるまで次のビームが出ない
つまり、敵を引き付けてビームを命中させれば次のビームは連射に近い感覚で発射できるということ
とくに2,3機編隊を組んで攻撃してきた敵は引き付けて命中させることによって瞬殺することができ、このゲームではその「感覚」が醍醐味となっている

面毎に敵のボスが2機いて、このボスが突撃してくるとき、一緒に突っ込んでくる護衛機を1機倒してからボスを倒すと300点、2機倒してからだと800点入る(護衛機を狙わずいきなりボスに当ててしまうと150点しか入らない)
漫画「ゲームセンターあらし」では、この800点を「栄光の800点」と呼んでいた
大砲は3機で、全滅するとゲームオーバー。5000点突破時に大砲が1機増える

移動 …十字キーの左右
ビーム…Aボタン(またはBボタンどちらでも同じ)

余談:
ギャラクシアンはエイリアンのことではない
プレイヤーが操作する大砲の名前が「ギャラクシップ」で、それを操縦する宇宙飛行士、つまりプレイヤーが「ギャラクシアン」なのだそうだ

敵の「ボス」は黄色と赤のカッコイイやつだ
「ギャルボス」と呼ばれている 「旗」と呼ぶ人もいる
正式名称は「ボス・エイリアン」らしい

遊び方(操作方法・説明書資料)
 Wikipedia

評価コメント
 古ゲー玉国

回想コラム
 思い出のファミコン
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★