ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > Search > ■ジャンル:シューティングゲーム ■動作ハード:スーファミ

 

SUPER E.D.F.(スーパーアースディフェンスフォース)…たった一機の宇宙戦闘機で地球を守る横シュー

■タイトル:SUPER・E.D.F [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:すーぱーいーでぃーえふ
■英字表記:SUPER E.D.F. [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:ジャレコ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-ED ■定価:8,700円
■発売日:1991/10/25(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:SUPEREDF SUPER・E.D.F. スーパーイーディーエフ スーパーE.D.F. スーパーEDF SUPEREDF SUPEREFD SUPERDEF SUPERDFE SUPER E.D.F. SUPER EARTH DEFENSE FORCE SUPER E.D.F. SUPER EARTH DEFENCE FORCE スーパーアースディフェンスフォース 横シュー 横スクロールシューティングゲーム アーケードゲームからの移植

遊び方・特徴:
ジャレコの横スクロールシューティングゲーム
元々はアーケードゲームだったものが、スーファミ版として登場
AC版より武器が増えている

横シューこと横スクロールシューティングといえば、アイテムをゲットして装備をパワーアップしていくという特徴があるものだが、このゲームにはそれがない
その代わり、スコアが高くなるとレベルアップしていくというシステムを採用している
敵を倒すごとに画面上のゲージが増え、満タンになるとレベルが上がり自機のショットとオプションのフォーメーションが強力になっていく
「スコアにより」ということで、敵の編隊を全滅させることでのボーナスゲットや、クリア後のノーダメージボーナスを活用できるとレベルアップを早めることができる
(スコアを「経験値」として評価する→「経験値システム」という)

武器はステージ開始時に8種類の武器の中から1つ選び、ステージクリア後に武器を変更することができる
ステージ毎に適した武器を選択するということもできるし、または、好きな武器でゴリ押しするということも可能ということだ

掲載の動画を見ると良く分かるが、「多重スクロール」を採用しており、ドット絵のセル画を重ね合わせる事で奥行き感を出したCGで、それはそれで大変美しい
また、音楽も「神曲」との声が多い
難しすぎるわけでもなく、楽しめるゲームバランスにて、たっぷり楽しめる

ストーリー:
地球は謎の組織「アギーマ帝国」からの攻撃予告を受けた
それに対して地球統合軍は、特殊起動戦闘機「XA-1」を緊急出撃させた
XA-1は開発が完了したばかりで、しかも単身で敵と相対することになった。

ステージ開始時に選ぶ武器の選択肢:
1.VULCAN(バルカン)…弾丸を多数前方に撃つ系/弾幕としての幅の広さが魅力
2.LASER(レーザー)…敵を貫通するビーム系(青く長い一直線)
3.ATOMIC(原子爆弾)…爆発により敵を巻き込むボム系
4.HOMING(ホーミング)…敵を追跡する系
5.EXPLODE(エクスプロード)…はじめはエネルギーの大きな塊だが敵に当たってから散弾になる系
6.S.LASER(サーチレーザー)…「オプション」が自動的に敵の方向にレーザーを撃つ系
7.PHOTON(フォトン)…エネルギーを溜めて撃つ系
8.GRENADE(グレネード)…一定時間後に爆発する「機雷弾」を撃つ系

操作方法:
Bボタン…ショット(ステージスタート時に選んだ武器での攻撃)
Xボタン…スピードチェンジ押すごとに3段階の切り替え(低・中・高速)
Aボタン…オプションの「フォーメーション」切り替え ※
十字キー…移動

※オプションについて
オプション…自機の周りで協力してくれる砲撃装置
ガンダムの世界でいう「ファンネル」や「ビット」のような感じ
オプションの攻撃パターンを「フォーメーション」という
フォーメーションは、初期状態で使えるものの他、レベルアップにより使えるものが増える
複数のフォーメーションが使えるときは、Aボタンを押すことで切り替えることができる

フォーメーション:
1.UNION(ユニオン)…自機と合体して強力な攻撃をする(最初から使用可能)
2.ROLLING(ローリング)…自機の周りを回転する(最初から使用可能)
3.SHADOW(シャドー)…自機の動きに合わせて動く(レベル3から使用可能)

キー操作はCONFIGのCONTROLCONFIGRATIONで変更可能

参考(操作方法・説明書資料):
G.F.P~ゲームファンページ~

所感:
掲載の動画を見ると良く分かるが、「多重スクロール」を採用しており、ドット絵のセル画を重ね合わせる事で奥行き感を出したCGで、それはそれで大変美しい
また、音楽も「神曲」との声が多い
要は、グラフィックも音も良い
楽しめるゲームバランスにて、たっぷり楽しめる
しっかり丁寧に作りこまれた名作
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

雷電伝説…アーケードゲーム「雷電」の移植

■タイトル:雷電伝説 [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:らいでんでんせつ
■英字表記:Raiden Densetsu [動画][画像][Y][ニ]


動画のアップ主は画面に「クソゲー」とコメントを入れているが、このゲームはクソゲーではない!という熱いコメントとのバトルが展開する

■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:東映動画 [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-RD ■定価:8,700円
■発売日:1991/11/29(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:ライデン ライデン伝説 雷電シリーズ 初代 第1弾 第1弾 第一弾

遊び方・特徴:
縦シューこと、縦スクロールシューティングゲーム
アーケードゲーム「雷電」からの移植
まずはFM-TOWNS(富士通のパソコン・FMタウンズ)に移植され、このときに名称が「雷電伝説」となった

アーケードゲームでは縦長だった画面が、テレビの横長になり、やたらと敵に近く圧迫感のある感じになってしまったが、難易度の調整でマイルドに仕上げられている

この頃のシューティングゲームは、仕組みが複雑になってきていたのだが、このゲームは非常にシンプルなのが特徴
アイテムでパワーアップしていくが、基本構造は同じで、
避ける、撃つ、この2つの要素が基本
ショット、ボム、ホーミングミサイル(自動追尾)
・ショットはショットガンのように扇形・放射状に大量に発射される
・ホーミングミサイルはショットを打ったときに一緒に発射される
・2人プレイも可能

操作方法:
Bボタン…ショット(弾とホーミングミサイルの混在)
Yボタン…ボム(爆発まで一瞬時間がある)
十字キー…移動(上下左右)

参考(操作方法・説明書資料):
Wikipedia
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ディメンションフォース…ジェットヘリでの縦スクロールシューティング(恐竜も出るぞ)

■タイトル:ディメンションフォース [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:でぃめんしょんふぉーす
■英字表記:Dimension Force [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:アスミック [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-DF ■定価:8,500円
■発売日:1991/12/20(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:DIMENSION-FORCE ディメンションフォース ディメンジョンフォース 縦シュー D-FORCE DFORCE Dフォース 縦方向スクロールシューティングゲーム

遊び方・特徴:
ヘリコプター(ジェットヘリ)を操作する縦スクロールシューティングゲーム
始めは単発のショットだが、アイテムを取るごとに破壊力が増し、圧巻の5列同時発射(進行方向である上)が出来るようになる。

・7つの時代を行き来しながら進んでいき、ボスが戦闘機だったり恐竜だったりする

・低空を飛ぶモードと上空を飛ぶモード(急降下、急上昇のイメージ)があり、LRボタン(LボタンとRボタンで切り替えることが出来る)

操作方法:
Bボタン:ショット(押しっばなしで連射)
LRキー:上空モード、地低空モードの切り替え
十字キー:移動
その他のボタンについては不明
(情報がありましたらお寄せください)

参考(操作方法・説明書資料):
該当サイトなし


DIMENSION-FORCE ディメンション・フォースの箱の画像があったので
箱に書かれていることを引用。
戦慄の4D超体験
シューティング・ゲーム
衝撃波が時空を越える!!
テクニカルモードとシューティングモードの二重構成

テクニカルモード
LRボタンで時機の上昇、下降を自分でコントロールし、襲ってくる上空・低空・地上の敵をやっつける。スリリングで斬新な視覚効果を生み出した。

シューティング・モード
ストーリーの進行にあわせて自機が強制的に上昇・下降し、ゲームの進行にスピード感と爽快感が大きく加味された本格的シューティング・ステージ。

このゲームはスーファミの売りである「拡大縮小機能」を駆使して爽快感を出そうと努力している

久々にやりたくなったが名前を忘れてしまったとYahoo知恵袋で質問して入手に成功したファンもいれば、
  ↓
SFCのゲームを探しています。思い出せる記憶は縦シューティング・ボスに恐竜や戦闘機・高低がある。

辛口なレビューもある。
●辛口レビュー1
Visionゲームレビュー・SFC短文レビュー3(過去レビュー詰め合わせ)ディメンションフォース

●辛口メニュー2
~随筆ROMシューティング~『ディメンションフォース』

<その他>
S-NES版(海外版のスーファミ)は「D-FORCE」という名称
S-NES版「D-FORCE」の動画

ちなみに日本版は、Dの次のハイフンの部分に小さい文字で「IMENSION」(DIMENSIONの頭文字「D」を除いた部分)が書かれたデザインでDIMENSION-FORCEとなっている。
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

サンダースピリッツ

■タイトル:サンダースピリッツ [画像][YouTube][ニコニコ動画]
■読みかた:さんだーすぴりっつ
■英字表記:Thunder Spirits [画像][YouTube][ニコニコ動画]


■ジャンル:シューティングゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:東芝EMI [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-TH ■定価:8,600円
■発売日:1991/12/27(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:遊び方・特徴:
元々はパソコン系のゲームで、いろいろ移植されて機種毎に特徴がある。
スーパーファミコン版の「サンダーフォース」は、シリーズ全体で見たときの「サンダーフォースIII 」に相当し、アーケードゲーム版がベースになっている(移植元)
初代サンダーフォースはゼビウスのような8方向任意スクロールだったが、強制横スクロールのシューティングゲームとなっている。

サンダーフォースシリーズは、テクノソフトが開発元、販売元だったが、スーパーファミコン版は販売元が東芝EMIになっている。
テクノソフト(Tecno Soft)
かつて存在した、主にコンピュータゲームを制作・販売していた日本の企業。
本社は長崎県佐世保市に所在。初期にはTecno Softと表記したが1992年頃からはTechno Softとも表記していた。(~Wikipediaから引用)

操作方法:
設定画面で「連射モード」をONにして、裏技で「クレジット」をアップさせておかないとかなり大変
  ↓
スーファミとかの部屋より引用
•ゲームをクリアし、タイトル画面でスタートとセレクトを同時に押すと、モード設定画面になる。
•タイトル画面で音が鳴るまでBを連打する。ゲームを始めると、音が鳴った回数だけクレジットが増加する。また、連打後にデモが始まる前に、スタート、セレクトを同時押しでモード設定画面にし、スタートを押してタイトルに画面に戻してから、再びBを連打すると再度クレジット数を増やせる。好きなだけ可能。
•プレイ中にRとスタートを同時押しすると、ポーズ中でもBGMを聴く事が出来る。

レトロゲームが好き、とミーコは言ったより引用
重要なのは連射!
連射パッドでは上手く連射が出来ない(使用したのはアスキーパッド)
ので、この連射をオンにしましょう・・・オンとオフでは雲泥の差!

参考(操作方法・説明書資料):
Wikipedia

※参考(操作方法・説明書資料)てしてWikipediaを挙げているが、
サンダーフォースとしてはシリーズ全体のことが記載されており、
スーファミについてだけ読むには、サンダーフォースIIIの箇所だけ絞って読むと良い。


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
FC2 Management