ファミコンゲーム情報AtoZ(ファミコン名作ソフト&スーファミ名作ソフト)

Home > Search > ■ジャンル:アクションゲーム ■動作ハード:スーファミ

 

がんばれゴエモン・ゆき姫救出絵巻…江戸時代に現代娯楽要素を加えた独自世界・スーファミ版として新登場!

■タイトル:がんばれゴエモン・ゆき姫救出絵巻 [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:がんばれごえもん ゆきひめきゅうしゅつえまき
■英字表記:Ganbare Gemon Yuki Hime Kyushutuemaki [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:コナミ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-GG ■定価:8,800円
■発売日:1991/07/19(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:スーファミ版 がんばれ五右エ門 がんばれゴェモン がんばれゴエモンシリーズ 続編 第4弾 第4弾 第四弾 IIII Ⅳ 続編 スーファミ発

遊び方・特徴:
ファミコン版で出ていたがんばれゴエモンシリーズがスーファミ版になって登場
ファミコン版としては外伝を含めて3作あったが、その続きというよりも、絵柄なども刷新して新たな気持ちで1からスタートという気持ちからか、4という扱いにはなっていない

ゴエモンのスーファミでの初作品
江戸時代に現代的な要素を織り交ぜた独特な世界の中でのアクションゲーム
ファーストフードやゲームセンター、バイトなど
2人同時プレイも可能で、1プレイはゴエモン、2プレイはエビス丸として、2人の珍道中が可能になっている
おんぶでうまい人が2人分操作することもできる特徴がある

ステージはベルトスクロールと完全な横スクロールの2種類の画面で構成されている
ベルトスクロールというのは、横スクロールに加えて、手前と奥の奥行き空間があること
ファイナルファイト」など2次元格闘系アクションゲームで使われているスタイルだ

基本の武器はゴエモンはキセル、エビス丸は笛というところが特徴
まねき猫アイテムを取るとパワーアップする
2段階パワーアップにより、ゴエモンはヨーヨー、エビス丸はピロピロ笛が使えるようになり、射程距離が伸びる

さらに、究極の飛び道具・小判を投げれば、ちょっといい気分になれるかも!? もちろん、投げた小判は返ってきません。間違えて投げてしまわないよう要注意です。

迷路、見世物小屋、占い、競馬、バイト町の中にはいろいろなレジャー施設があり、
遊べるだけでなくアイテムゲットの他、小判をゲットできたりもする
宿に泊まったり温泉に浸かるなどでライフゲージを回復するので、旅気分で楽しむようになっている。

操作方法:
AボタンorYボタン…攻撃
Bボタン…ジャンプ、メッセージの早送り、決定
Xボタン…術を使う、店を出る
Rボタン…武器の切替え
STARTボタン…一時停止(PAUSE)
SELECTボタン…持っているアイテムの確認

参考(操作方法・説明書資料):
ゲーム・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

ジェリーボーイ…かわいいスライムで伸びたり跳ねたりのアクション/背後には残酷なストーリー

■タイトル:ジェリーボーイ [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:じぇりーぼーい
■英字表記:Jerry Boy [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:エピック・ソニーレコード [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-JB ■定価:8,500円
■発売日:1991/09/13(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:アメリカ版の名称はSMART BALL SMARTBALL スマートボール ゼリーボーイ

遊び方・特徴:
半透明のぷよぷよしたキャラクター
スライム(ゼリー)を操作して面クリアーしていく
横スクロールアクションで、建物や空の上の雲に乗っかる事もできる
ジャンプと貼り付、体を平らに伸ばしてのパンチ(?)攻撃が特徴

かわいいスライムでのゲームで、女の子に人気という感があるが背後には怖いストーリーがある
  ↓
元々は人間で、しかも結婚目前の幸せいっぱいの王子だった
しかし、弟の陰謀により魔法使いの力でスライムに変えられ、僻地の草原に捨てられてしまう
人間の姿に戻って魔法使いと弟の陰謀を阻止するために自分の城を目指して旅立つ

操作方法:
AボタンとBボタンは同じ…ジャンプ
YボタンとYボタンは同じ…押しながら十字キーで走る
LRボタンは使用しない
十字キー左右…移動
十字キー上下は移動でなく、体を「伸ばす」(伸びパンチにもなる可能)
 ・伸びると体がへらべったくなる)
Yボタン(Xボタン)長押しで壁や天井にへばりつく
 ・伸びた状態でへばりつくことはできない
 ・へばりついてから伸びることはできる

参考(操作方法・説明書資料):
うへーい 『ゲーム批評』

余談:
このゲームの企画者はポケットモンスターの生みの親である田尻智(たじりさとし)…この人の名前がポケモンの主人公の「サトシ」の名前の由来
企画自体は同氏の会社「ゲームフリーク」
プログラム部分は「システムサコム」
販売は「ソニーミュージック」が担当
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

超魔界村…カプコンが誇る丁寧な作りの名作3連作・魔界村→大魔界村→超・魔界村

■タイトル:超魔界村 [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:ちょう まかいむら
■英字表記:Cho Makaimura [動画][画像][Y][ニ]


とにかく美しい画面

■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:カプコン [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-CM ■定価:8,500円
■発売日:1991/10/04(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:ちょうまかいむら 超・魔界村 大魔界村 アーケードゲームからの続編 CAPCOM PRESENTS

遊び方・特徴:
このゲームは「大魔界村」というゲームの続編であるが、ファミコンのソフトから探そうとしても存在しない
そもそもファミコンに「魔界村」というソフトがあるが、その続編としてでたアーケードゲームが「大魔界村」だ
大魔界村はファミコンやスーファミでは存在しないが、メガドライブなど他の家庭用ゲーム機には移植されている

魔界村」アーケード発・ファミコンなど
  ↓
大魔界村」アーケード発・ファミコンなし
  ↓
「超魔界村」スーファミ(アーケードゲームなし)

いずれもアーケードゲームの流れを汲んでいることもありクオリティーが高く、名作との声が多い

ゲームは一言で言うと
サイドビュー・横スクロールアクション…右に右に進んでいく
豊富な武器と魔法を使えるのが特徴
ドンキホーテのような騎士「アーサー」を操り、鎧(よろい)をゲットし、様々なカラーの鎧を身にまとっていく
目的は…さらわれたプリンセスを救い出すこと
(ファミコンソフト第1号のドンキーコングからはじまりいったい何人のプリンセス救出する目的のゲームがあっただろうか…)
ストーリー
ルシファーを倒したアーサーは魔界復活の時のため
最強の武器を探す旅に出たのだった。
4年後…城の竣工式で王国に駆けつけたアーサーはプリンセスと再会する。
しかし、その直後に魔族の大軍団に襲われてプリンセスは連れ去られてしまう。
じつはアーサーをおびき寄せる“おとり”としてプリンセスをさらったのだ。
アーサーは、みたび槍をとり、単身魔界へと乗り込んで行ったのであった…


操作方法:
十字キー左右…左右移動
十字キー下…しゃがみ
Aボタン…飛び道具武器(槍など)
Bボタン…ジャンプ(2段ジャンプ可能)
Yボタン…魔法の溜め撃ち(長押し&開放)
STARTボタン…PAUSE(一時停止)

カプコンのゲームの掟として、2周目、3周目を覚悟の事
難易度は高い

参考(操作方法・説明書資料):
ゲームバカ一代
上級者向けの攻略サイト→魔界の住人
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

悪魔城ドラキュラSFC版…初代のエッセンスをスーファミでクオリティーアップ

■タイトル:悪魔城ドラキュラ [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:あくまじょうどらきゅら
■英字表記:Super Castlevania 4 [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:コナミ [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-AD ■定価:8,800円
■発売日:1991/10/31(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:悪魔城ドラキュラSFC版 悪魔城ドラキュラスーファミ版 悪魔城ドラキュラスーパーファミコン版 悪魔上ドラキュラ 悪魔畳ドラキュラ Akumajo Dracula Super Castlevania Ⅳ Super Castlevania 4 Super Castlevania IIII コナミ悪魔城シリーズ 続編 第4弾 第4弾 第四弾

遊び方・特徴:
コナミの悪魔城シリーズ、スーファミでいよいよ登場
SFC版の悪魔城ドラキュラのタイトルは初代(ファミコン版)のものと同じ
悪魔城ドラキュラ
海外でのタイトルはSuper Castlevania IV
「スーパー」が付くのはスーファミ版としてはおなじみのネーミング
「IV」…4はというと、これまでファミコンで登場した悪魔城シリーズが3本あり、これに続くものという意味で4なのだと思われる

ファミコン版悪魔城シリーズ1~3
 悪魔城ドラキュラ
 ドラキュラII・呪いの封印[FDS]
 悪魔城伝説

実際はこれに加えて
 ぼくドラキュラくん ←外伝的なもので、SDチック
   と
 悪魔城ドラキュラ(ROM版) ←ベースはディスクスステム版と同じ
がある

ファミコン版・初代と同一名称なのは、初代の「アクション」を継承しているという自己主張なのかもしれない
(シリーズ第2弾「ドラキュラ2」では、RPGになり、スコアの概念すらなくなっていた)

ストーリーは初代・FC版と同一だが、スーファミのパワーを存分に引き出し、全く違った味付けになっている(他にMSXでも同名のゲームが出ている)

このスーファミ版悪魔城ドラキュラの特徴は
この頃のゲームに見られる「多重スクロール」による美しいCGとすばらしいサウンドと、キャラクターが少し大きくなったこと
それから、このゲームの代名詞でもあるメインウェポンの「鞭」(ムチ)がより進化していること
斜め打ちができる他、ただ垂らしているだけでも相手が引っかかれば1/4のダメージを与えられるし、高所に引っ掛けてぶらさがり、ターザンのように移動することもできる
このムチの進化は、このゲームまでの打ち止めで、これ以後に登場する悪魔城シリーズでは、ムチの仕様がファミコン版と同じものに退化する

改めてこのゲームの遊び方をまとめると、横スクロールアクションゲームで、右に右にと進んでいくもので、ムチをメインの武器として使う
ステージごとにいる大ボスを倒したときに現れる「魔力の玉」を取ることでステージクリアとなる(ただしステージ2だけは途中でボス敵が現れて、魔力の玉が出ない)
ライフがなくなる、穴に落ちる、制限時間オーバーでプレイヤー残機が1つ減り、0でミスをするとゲームオーバーとなる

操作方法:
十字キー左右…移動(階段上下は上下キー併用)
十字キー上…扉を開く
十字キー下…しゃがむ(しゃがみながらの移動も可)

Bボタン…ジャンプ

Yボタン…ムチ攻撃(十字キーで方向を操作可能)
 Yボタンを押しながら十字キーでのムチ操作も可
 コウモリの輪にムチを巻きつけるとぶら下がれる
 ぶら下がり中にYボタンを離すタイミングで離れた場所に飛び移れる
 ぶら下がり中に十字キー左右で体を揺らせる
 ぶら下がり中に十字キー上下でムチの長さを変えられる

Rボタン…特殊攻撃用アイテムを投げての攻撃(サブウェポン)
特殊攻撃用のアイテムは、ハートアイテムの数が多いときに使える
ハートアイテムは使うと減り、溜める程強力なものが使える
アイテムは、壁にある「ろうそく」をムチで壊したときと、敵を倒したときに出現し、ハートアイテム以外にも様々なものがある

参考(操作方法・説明書資料):
いまさら悪魔城ドラキュラ(SFC)攻略
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
 

JOE&MAC・戦え原始人…原始人は道具で勝負

■タイトル:JOE&MAC・戦え原始人 [動画][画像][Y][ニ]
■読みかた:じょーあんどまっく たたえげんしじん
■英字表記:Joe & Mac [動画][画像][Y][ニ]


■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索]
■メーカー:データイースト [抽出][記事検索][メーカーサイト]
■動作ハード:スーファミ(スーパーファミコン・SuperFamicom・SFC・SNES) [抽出][記事検索]
■ソフト媒体:ROMカートリッジ [抽出][記事検索]
■品番:SHVC-JT ■定価:8,500円
■発売日:1991/12/06(平成03年) [抽出][記事検索][出来事]
■関連句等:ジョーアンドマック JOE&MAC JOEアンドMAC JOEANDMAC 戦う原始人 JOE&MAC JOE&MAC 戦え原始人 ジョー&マック
アーケードゲームからの移植 原始時代のアクションゲーム

遊び方・特徴:
このゲームは進路を選択しながら(ドラゴンバスターとかマリオ3みたいな感じ)進んでいく。

原始時代を舞台にしたアクションゲームで、道路を選びながら進んでいく
プレイヤーは原始人で、2プレイでの協力プレイも可能
1プレイヤーはジョー(JOE)
2プレイヤーはマック(MAC)

敵は他の原始人と恐竜
ステージのラストには巨大恐竜がボスキャラとして登場する

元々はゲーセンのアーケードゲームとして登場したゲームで、SFCに移植された
SFC版は難易度がマイルドで、ゲームも少々別物
しかし、大きめのキャラクター、美しいグラフィックは踏襲されている

操作方法:
Aボタン…ジャンプ
Bボタン…攻撃

武器(骨など)を使うことができ、上下左右に投げられる
武器にはそれぞれに特性があって溜め撃ちができる
原始人だからジャンプとパンチキックかと思いきや、飛び道具の連投(シューティングゲームの連射並)がかなり重要

参考(操作方法・説明書資料):
世界で一番弱い人
投票


前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(携帯・スマホ用)★★★
人気ブログランキングを見る にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機を見る FC2ブログランキングを見る
★★★ファミコンゲーム情報AtoZとは(PC・パソコン用)★★★
 
FC2 Management