CM動画
任天堂ファミリーコンピューターデビューCM(ファミコン本体発売告知CM…ここから始まった)
⇒目次[5]

ファミコンの一番最初のCMを見たくなり、YouTubeで動画探しました。
イメージだけのCMでなく、格調高く重みのあるCMだったと記憶しています。
今見るとどう感じるだろうか?ということを試してみたくなったのです。

ファミコン初めての本体発売告知CM

ナレーション
ファミリーコンピューター登場!!
カセットを挿入するとカラー52色の鮮やかな画像
コンピューターを相手に
麻雀(マージャン)、五目ならべ、そしてポパイ、ドンキーコング、ふたりで楽しめるマリオブラザーズなど10種類。
ポーズボタンと切り替えスイッチで簡単にテレビ番組に変わるテレビ共存タイプ。
家族そろってファミリーコンピューター
当時、「ファミリーコンピューター」とフルネームで呼ぶことが多く、自分の周りでは「ファミコン」と略して呼ぶ人間はいませんでした。初めて「ファミコン」と発音した人に対してギャグだと思ったのを覚えています。
このCMでもきちっと正しく「ファミリーコンピューター」と発音していますね。

また、自分の記憶では「ポパイ」が含まれていたことが強く印象に残っています。
発売当初は10種類で、あと、エンディングのテロップから、本体価格は14800円で、カセットの値段は一律3,800円だったと読み取れますね。
懐かしい! 中学生に戻った気分。

ファミコン登場時の10本のソフトと思われるもの(発売日順に10本分)
(1983/07/15にファミコン本体と同時発売されたのは、先頭の3本のみ)
Noタイトルタイトル英字発売日1ドンキーコングDonkey Kong1983/07/15 2ドンキーコングJr.Donkey Kong Jr.1983/07/15 3ポパイPopeye1983/07/15 4五目ならべ連珠Gomoku Narabe Renju1983/08/27 5麻雀Mahjong1983/08/27 6マリオブラザーズMario Brothers1983/09/09 7ポパイの英語遊びPopeye no Eigo Asobi1983/11/22 8ベースボールBaseball1983/12/07 9ドンキーコングJr.の算数遊びDonkey Kong Jr. Math1983/12/12 10テニスTennis1984/01/14
関連記事(自己トラックバック)久々にファミコンを引っ張り出して電源を入れようと思ったところ、老朽化か本体が動かなくなっていました。新しい機体を手に入れる必要がありますが、すでにファミコンもスーパーファミコンも、2003年で生産終了として生産が打ち切りされています。中古や新古品を探さなければなりません。ちなみに、スーパーファミコンをテレビにつなげるには、AV端子(RCA端子/一般的な赤白黄色のプラグ)なので問題ないのですが、一方…

記事「ファミコン本体の買い替え」より引用
前の記事へ | 次の記事へ | 先頭ページ(はじめに)に戻る

次ページ は
⇒ 目次 [5] から
前話・次話ページは一旦目次へ戻ってからお進みください。<(_ _)>

2010/02/01 

[6] コメントを書く
[7] コメントを読む (1)
menu
ログイン
友達に教える